男女別!夜間頻尿の原因と対策

夜間頻尿の原因と対策

原因と対策

 

夜中に頻繁にトイレに目覚めてしまう夜間頻尿は男女ともに悩まされる症状ですが、なってしまう原因は女性と男性で異なります。

 

例えば「頻尿対策にはノコギリヤシがお勧め」と書かれていても、「ノコギリヤシは前立腺肥大症に効果的」という意味で使われていたりします。
※前立腺肥大症は男性だけの症状なので、女性には他の対策が必要です

 

ですから、原因を見極めた上で、きちんとした対策を取っていくことが大事です。
正確な症状を知る為には病院に行き専門医の診断を受けてください。


【主な原因はこちら!】

女性 男性 共通
  • 足のむくみ
  • 膀胱(ぼうこう)炎
  • 妊娠や月経、子宮が原因のもの

矢印

【女性の主な対策はこちら!】

  • 前立腺肥大症
  • 糖尿病

 

矢印

【男性の主な対策はこちら!】

  • 加齢によるもの
  • 過活動膀胱
  • 心因性(ストレス・緊張)
  • 睡眠時無呼吸症候群

 

 
女性

女性の主な対策はこちら!

 

 

 

「足のむくみ」が酷い方へ

マロニエ&メリロート

テレビの医学番組で紹介された夜間頻尿の原因は「足のむくみ」

 

check
「たけしの本当は怖い家庭の医学」や「NHKのためしてガッテン」でも、足のむくみが夜間頻尿の原因になると解説されています。
昼間の間に足にたまった水分が、夜になって布団に横になった時に身体の上部に移動する為に、寝ている時にトイレに行きたくなってしまうのです。
足のむくみが酷い方は寝る数時間前に足のマッサージをしたり、マロニエ&メリロートを利用しましょう!

詳細

夜中のトイレの回数が多い、間隔が短い方へ

すっきりさわやか習慣

過活動膀胱を改善してくれる作用がある「西洋かぼちゃ」

 

昔から西洋かぼちゃ(ペポカボチャ)は頻尿の悩みを克服する為に薬の代わりとして用いられてきました。
現代でも、日本と同様に食品・薬品の安全基準が高いドイツを含むヨーロッパにおいて、頻尿を改善させる為のハーブとして一般的に認知されています。

詳細

 

 

 

 
男性

男性の主な対策はこちら!

 

70%の男性が解決!喜寿パルメット【50万箱突破】

輝寿パルメット

10年以上も売れ続けている秘訣は、高級ノコギリヤシ使用しているから!

 

  • 価格:定期コース4550円+送料無料、通常購入5200円+送料600円
  • 内容:62粒(1ヶ月31日分)
  • インデナ社製ノコギリヤシエキス:352mg(1日あたり)

少しお値段は高めですが、高級ノコギリヤシエキスを使用している為、販売から10年経過後も利用者からの評価は高く、70%の男性が解決しています。

詳細

ダントツ1番のノコギリヤシ配合量の多さ!すっきりさわやか習慣

すっきりさわやか習慣

他の商品の約1.5倍のノコギリヤシエキスを配合

 

  • 価格:定期コース(初回のみ)3990円+送料無料、通常購入7980円+送料無料
  • 内容:150粒(30日分)
  • ノコギリヤシエキス:550mg(1日あたり)

なぜノコギリヤシエキスの配合量を多くしたのか?というと、海外の基準に合わせたからです。

詳細

 

 

 

 

 

女性の夜間頻尿の原因まとめ

女性

女性の方が一般的にトイレに行く回数が多いですが、夜間頻尿について、回数の定義(どれくらいトイレに行ったら頻尿かもしれない)については男女共に違いはありません。

 

男女ともに夜にトイレに起きる回数が2回以上の場合は夜間頻尿であることを疑わしいです。
それでは、女性の夜間頻尿の原因にはどういったものがあるのか見ていきましょう。

原因の多くは足のむくみか膀胱炎

女性の夜間頻尿や頻尿の原因として一番多いのが「足のむくみ」や「膀胱炎」によるものです。
足のむくみについては上記で解説しましたが、膀胱炎自体ほとんどの女性が一度は患ったことがあると言われています

 

膀胱炎による頻尿に女性がなりやすいのは女性の体の構造にあります。
尿道の長さが男性は約20センチ前後ですが女性は5センチ前後しかありません。

 

よって雑菌が尿管、尿道に入りやすく膀胱炎に罹り易くなります。

 

膀胱炎の中心的な症状は頻尿ですが他にも排尿時に痛みを感じたり、残尿感を覚えたりと複数の症状が出る場合がありますので膀胱炎かも知れないと感じた場合は速やかに医療機関を受診しましょう。

 

その他の原因

女性の頻尿の原因には他にも緊張やストレスなどから起こる神経性頻尿、子宮に関する病気の子宮筋腫や卵巣腫瘍などが原因である場合があります。

 

腫瘍が大きく腫れてしまうことで膀胱を圧迫し頻尿症状が発現しますのでただの頻尿だと軽く見ることは非常に危険です。

 

女性の場合、頻尿は子宮などの大きな病気のシグナルとなっていることも多いですので自己判断はせずに泌尿器科や恥ずかしければ産婦人科などを受診されてもいいでしょう。
その場合は事前に受診が可能かどうかを確認しましょう!

 

対策の取り方

まず、夜間頻尿などの症状が出た場合には、軽はずみな自己診断はせずに病院にて受診するように上記で説明しましたが特に問題がない場合は以下の対策をすると頻尿が改善される場合があります。

 

一つは「冷え」に対する対策です。
女性には冷え性の方が多くこの冷えは頻尿の大敵です。
体を冷やさないように心がけ、食事も体を温める根菜や汁物を中心にとるようにしましょう。

 

また人によっては「生薬」などのサプリメントが有効な場合があります。
このサプリメントについても薬局にて薬剤師に症状を相談してから使用するようにしましょう。

 

女性の場合は特に頻尿による病状を見逃しがちです。
あまり重く考える必要はありませんが、気になった場合にはまずはお医者さんへ相談です。

 

女性の主な対策はこちら!

 

 

男性の夜間頻尿の原因まとめ

男性

男性の場合は30歳を超えたあたりから頻尿を訴える人が増えはじめ、40歳では約7割が頻尿に悩まされている現状があります。

 

その頻尿の中でも「夜間頻尿」は夜寝ている間にトイレに何度も起きてしまう頻尿のことを言います。

  • 夜間に2度以上トイレに起きる
  • 残尿感があって眠れない

といった症状が出ている人は夜間頻尿である可能性が高くなります。
夜間頻尿の症状が悪化すると、睡眠不足で昼間の生活に支障がでたりと悪影響がでてしまう場合があります。

多くの男性の原因は・・・

男性の夜間頻尿の主な原因として挙げられるものは「前立腺肥大症」です。
「前立腺肥大症」とは加齢によって前立腺の細胞数が増加し肥大化する疾患を言います。

 

この前立腺肥大症の症状は排尿の開始が遅れる(尿がなかなか出てこない)、残尿感などです。
不便がなければ治療は不要ですが症状によって服薬治療や外科治療が必要となってくる場合があります。

 

他にも加齢による腎臓の尿濃縮力の低下や膀胱容量の低下など多くの原因が考えられます。
自分がどういった状況で頻尿になっているのか、どういった症状であるのかを把握し、夜間頻尿の原因を知ることが重要です。

 

対策方法について

夜間頻尿の対策については上記でも述べたとおり原因が何であるのかを知ることが重要です。
前立腺肥大症であればノコギリヤシということが一般的に知られてきましたが、自分の頻尿の原因がよくわからない場合や症状が気になる場合は速やかに医療機関を受診されることをお勧めします。

 

頻尿に関して加齢が原因によるものなど大半は「水分の摂取を減らす」ことで改善が見られます。
普段の生活で水分を過剰に摂取しているような方の場合は劇的に改善される場合もあります。

 

ただし水分の摂取を減らすということは脱水症状を引き起こす危険性を増してしまいます。
就寝前の水分の摂取は控えるなど、過度に水分の摂取を控えることは避けるようにしましょう。

 

男性の主な対策(前立腺肥大症向け)はこちら!