火傷の痕や傷痕の色素沈着はハイドロキノンで消えるの?



くるぶし・膝・ひじ黒ずみ落とし方NAVI~色素沈着ケアの方法は"




火傷の痕や傷痕の色素沈着はハイドロキノンで消えるの?



火傷や傷というのは、

皮膚にものすごいダメージを与えます。



火傷による黒ずみ



そこで働くのが防御機能で、

肌は痛みなどの刺激を感じると

メラノサイトによって

メラニン色素を生成します。





生成されるメラニン色素の量は

刺激の度合いによって変わりますが、



火傷や傷はかなり大きな

刺激となりますから、

大量のメラニン色素が

長期間生成されます






普通ならターンオーバーで

どんどん押し上げられて、

やがて皮膚の外側に排出されるので

メラニン色素は沈着しません。







ですが火傷や傷がある状態では

基底層で新しい肌細胞が

作られなくなり、

肌は正常にターンオーバーを

行えなくなってしまうため、



どんどん色素が溜まって

色素沈着し、肌が黒ずんでしまいます








火傷の痕や傷痕の色素沈着を治すには



火傷の痕や傷痕の色素沈着を

解決するには、

このメラニンを

薄くするしかありません




女医せんせい



その効果を持っているのが

ハイドロキノンです。



ハイドロキノンは肌の

漂白剤とも言われるぐらい、

メラニンに直接働きかけて

色を薄くする効果
に優れています。





このメラニン還元効果は

ビタミンC誘導体の数倍もあり、

しかも即効性も期待出来るので、



普通よりもメラニン色素の沈着が濃い

火傷や傷の痕を

改善する効果が期
できます。



肌をキレイにする女性



また、メラニンの生成や

メラニンを作る元となる

チロシナーゼ酵素の働きを

抑制する効果があるので、



それ以上痕が目立つようになるのを

防ぐこともできます。







ハイドロキノンの副作用



ただしハイドロキノン自体は

とても刺激が強く、

濃度が高いものだと

肌の色が白く抜ける白斑という

副作用が起こることがある
ので

気をつけなくてはいけません。




早く治すためには濃度が

高い方が効果的ですが、

火傷や傷を負った肌は

とても弱くなっているため、

強い刺激を与えるとかえって

逆効果になってしまうこともあります。





濃度が低ければ刺激も弱く

副作用のリスクもない
ので、

多少時間はかかるにしても

肌を傷めないように、

ハイドロキノンの濃度には注意してください。





火傷や傷の痕は

コンプレックスになりますが、

ハイドロキノンの美白効果によって

消すことも可能
なので、

用法用量を守って正しく使って

ケアしていきましょう。




  >>肌の黒ずみのお手入れにおススメのクリームを紹介します!