色素沈着はレーザー治療では改善しない?!



くるぶし・膝・ひじ黒ずみ落とし方NAVI~色素沈着ケアの方法は"




色素沈着はレーザー治療では改善しない?!



色素沈着を簡単に改善する方法は

レーザー治療だと

思っている方も多いでしょう。



レーザー治療による色素沈着のケア



確かに美白化粧品などを使っていても、

色素沈着はなかなか治らないので、

ダイレクトのメラニンに作用する

レーザーで取ってしまう方が

簡単に思えます。





ですが、レーザー治療は

そのエネルギーによって

メラニンだけではなく、

その周りにある健康な肌細胞をも

破壊して
しまいます。





そのため肌への負担も大きく、

施術をしてから1週間ぐらいは

絆創膏などで保護する必要が
ありますし、



肌の状態によっては

仕事に行くのも難しいこともあります。







徹底した紫外線対策をしましょう



絆創膏などが取れても、

ターンオーバーで肌が再生されるまでは、

バリア機能が低下している
ため

徹底的に紫外線対策を

行わなくてはいけません






ここでケアを怠ってしまったり、

ケア不足になったりしてしまうと

紫外線の影響をもろに受けてしまいますから、

逆に色素沈着が悪化してしまうことになります。







術後のケアを間違えば色素沈着が悪化することも



レーザー治療後の紫外線対策は

ただ日焼け止めを塗るだけではなく、

こまめに塗り直さなくてはいけませんし、



日焼け止めを塗っていたとしても

紫外線は避けなくてはいけません





実際にそこまで徹底するのは難しいので、

レーザー治療後の方が、

シミが濃くなってしまう方が多い
のです。







レーザー治療が原因で色素沈着が増えることもある



またレーザー治療というのは、

軽度のやけどをさせることで、

皮膚の治癒力を利用して

綺麗な肌を再生させて

メラニンを取り除きます。





ただし、もともと肌の状態が悪く

ターンオーバー機能が低下している場合だと、

治癒力が働かないため

単にやけど状態になってしまうだけ
です。



レーザー治療は肌に危険が多すぎる



やけどをすれば肌を守るために

メラニン色素が大量に生成されるので、

レーザー治療のせいで

シミが悪化してしまうことも
少なくありません。





もちろんレーザー治療で

色素沈着が改善出来たという人もいます。





しかし、肌に色素沈着が起こるということは

肌機能が低下しているのです。



レーザーの強い刺激を与えるのは

リスクの方が大きい
と言えます。





ほとんどの場合、色素沈着は

レーザー治療では改善できないので、

安全かつ確実に治すには

美白化粧品などを使って

スキンケアをするのが一番効果的
なのです。




  >>レーザーより安心!黒ずみのお手入れにおススメのクリームを紹介します!